X

Envigoも参加: SOT 2018

Envigoは米国毒性学会(SOT)の2018年学術年会に参加します。 詳細を見る

Envigoの ブログ

プロジェクトの重要なマイルストーン達成に役立つ、最新の知見とインサイトをお届けします。 弊社ブログを見る

リサーチモデル

お客様が必要なモデルを見つけるには、下記の高度な検索ツールをご利用ください。

 

クイックリンク

健康状態および遺伝モニタリングレポート
細胞株参考文献

Envigo、Avista Healthcare Public Acquisition Corpとの取引契約終了を発表

Avista Healthcare Public Acquisition Corp.(AHPAC)との取引契約は、市場の状況が好ましくないことから、双方の合意に基づいて終了いたしました。 詳細を読む

Lynn Lewisをグローバルセールス担当シニアバイスプレジデントに任命

Lynn Lewisは、製薬業界における輝かしいキャリアと、開発業務受託機関(CRO)業界のセールスおよびオペレーションでの指導的役割を通じて得た科学とビジネス双方に関する幅広い知識をEnvigoの事業に活かします。 詳細を読む

Envigo、3億ドルのタームローンBの配分を決定

タームローンで調達した資金は、以前発表した買収目的会社Avista Healthcare Public Acquisition Corp. (NASDAQ: AHPA) ("AHPAC")との合併契約を正式に締結したことに伴うEnvigoの既存債務の借り換えに充てられます。 詳細を読む

最新ニュースをすべて見る
パンフレット
Envigo腫瘍関連パンフレット(米国 | EU)

Envigoは、お客様の研究や製品開発が、世界の健康や環境を大幅に改善する可能性を持っていることを理解しています。その可能性を現実にすることが、さらに難しくなっていることも知っています。だからこそ、弊社はお客様の目標やニーズ、期待を常に重視し、暮らしを変える研究や製品を発展させるための信頼のおけるパートナーとなるよう努めています。

記事
ライフサイエンスの発展 15巻、1号

本号の内容:
• 吸入される危険のある農薬と化学物質の登録を確実にするにあたっての20の重要問題
• CROの状況 - 発展する安全性試験市場
• 物質の識別:リードと共同登録書類一式の重要要素
• 拡張一世代生殖毒性試験 (EOGRTS)、OECD試験ガイドライン443

オンデマンド・ウェビナー
免疫チェックポイントをターゲットとする薬物の安全性評価における主な考慮点

発表者:Lee Coney(最高科学責任者 - バイオ医薬品)、Mandy Horn(監督者 - 獣医学研究サポート)。解説内容:がん免疫療法とは。免疫チェックポイントをターゲットとする抗体の安全性評価における潜在的問題とは。免疫チェックポイントのターゲットに関する非臨床安全性プログラムを設計・運用する際の考慮点、その他。

洞察をすべて見る